クリプトゥーロゥ.com

灯篭による仮想通貨にFXに株をハックする投資のあれこれ、ときたま脱線

誰でも知ってる大企業がずらーーりの大型ICO、indaHashとは? その参加方法について

f:id:touroukawaii:20171130011720p:plain

 

沢山の読者の方にこれについて書いてーー!とのご要望をいただき、私もちょうど軽くここの運営にコンタクトを取ったことがあり、注目していましたので今回は、トークンセールが昨日より開始され、かなりの大型案件で非常に注目されているindaHashについて解説いたします。

 

 

 

indaHashとindaHashコイン

 

indaHashとはinstagramfacebooktwitterなどのSNSを使うインフルエンサーとその人に自社の宣伝をお願いしたい企業との間をつなぐプラットフォーム/アプリケーションです。

既にアプリはAndroid/iOSでダウンロードでき、日本を含めた世界約70各国から約38万4000人が現在登録しています。

そこでの基軸通貨にはERC-20トークンであるindaHashコイン(IDH)と言うものが使われます。それが今回ICOされているというわけです。

 

このIDHを企業が購入し、例えばinstagramで自社製品を紹介してくれた人にその紹介料としてIDHを送る。

となると、大事なのはその提携企業がどのようなレベルのものがどれくらい連ねているかということになってきます。

それによって需要も信頼度も大きく変わってくるでしょう。

現在で既に1000件以上のキャンペーンがあります。ではそれらの参加企業を一部ご紹介します!

こちらです!

 

 

 

 

 

 

 

どぉぉおおおおおおおおん

 

 

f:id:touroukawaii:20171130015737p:plain

 

マクドナルド!!ここにはまだないけどケンタッキー!ファンタ!

SUBWAY!!!コカコーーーーーーーーーラ!!!(灯篭はドクペペプシ派です)

オレオM&MSAMSUNGAdidasに...あああああああああ

 

 

世界の大企業が名を連ねまくってますw

 

この中で一つも知ってる企業が無いって人、いないでしょ?

 

とにかくまず提携企業がすごい!

 

例えばケンタッキーを食べて、おいしかった!とインスタにあげます。するとケンタッキーからIDHが貰える。

そういったことを目指してるのがこのindaHashです。

 

また、IDHを使うとこれら企業で割引価格で商品を購入出来たりするようになります。

 

IDHで安く買い物ができる→それを紹介して報酬にIDHをもらう

 

ということをインフルエンサーは可能で、

 

企業側は、

 

IDHを支払って宣伝してもらう→それでまた買い物してもらえる、フォロワーへの宣伝になる。

 

となり、両者ともに低コストでwin-winの経済を産むことができます。

もちろん取引所で売買することもできます。

 

IDHには、indaHashでの基軸通貨、お店で使える決済通貨としての機能以外にもう一つ機能があります。

 

それがインフルエンサートークン化です。

 

インフルエンサーは自身のトークンを作成することができます。

valuに近いかもしれませんがその保有者になんらかの優待をつけたりすることでそのインフルエンサーとフォロワーの間にも経済を産みます。

そのトークンを発行するためにIDHの支払いが必要です。

 

投資対象としてどうなのか

 

ではこのIDHは投資対象として実際どうなのかという点についてここでは解説します。

 

インフルエンサー=影響力のある人がIDHを手にすれば、それもまたindaHashを世界に広めていく良い宣伝にもなるのでその点についてまず期待できます。

 

次にIDHそのものについてです。

IDHはERC-20トークンであり、発行枚数は4億IDHです。

販売価格は現在約14円程度なため、今買うと時価総額での損益分岐点

56億円くらい。

となるとこのあたり

 

f:id:touroukawaii:20171130134314p:plain

 

時価総額113位と、FaircoinとSkycoinの間という何とも沼ゾーンであり、これより上に行ければプラスになる。

 

 

次に、特徴的なのはICOで集めた資金の使い道です。

 

まず、IDHはスタート時点で以下のように配分されます。

 

f:id:touroukawaii:20171130134709p:plain

 

3億2000万IDHがICO

7200万IDHがインフルエンサーなどへ

800万IDH協力者の報酬

 

と配分され、 

つまり、indaHash運営はスタート時に1枚も配分を受けません。

 

また、ICOで得た資金のうち、

20%は宣伝やマーケティングのために使われ、

80%はなんとIDHを買い支えるために使われます。

 

つまり例えば83000ETHを集めると

その80%である、66400ETH、日本円にして35億6300万円が買い支えに使われる。

 

ちなみに83000ETHというのは3840IDH=1ETHの期間中に全て売り切った場合に83333ETHとなるところから出した数字です。

 

もしICOで売れ残った場合にどうなるのか、ということについてtelegramで運営より回答がありました。

f:id:touroukawaii:20171202064302p:plain

このように、もし売れ残った場合のIDHは購入者に比例配分されるそうです。

よって売れ残ったとしてもそのときはその分が貰えるので安心です。

 

 

というわけで大きな買い圧力と、大規模な企業タイアップ、比較的安い時価総額損益分岐点、そして既に運営しており、インフルエンサーとして登録するには審査があるにもかかわらず38万人も利用者が現時点でいる、売れ残っても有利であるという点で投資家としても評価できるようになっています。

 

 

そのため、ICOの評価サイトでは軒並みトップの高評価を得ており、

例えば見る人が最も多いであろう、人気サイト、ICO Ratingでは

f:id:touroukawaii:20171130140013p:plain

 

HYPEスコア

HIGH

 

Riskスコア

LOW

 

となっており、これはつまりどれくらい伸びると期待できるかというスコアは

HIGHでリスクは高いのかというスコアはLOW(低い)

という満点の評価を受けている。

 

これもICO評価サイトの定番、ICO Benchでは4.0点と比較的高い評価を得ている。

f:id:touroukawaii:20171130141032p:plain

 

ICOといえば早く買うほどボーナスがもらえたりするのが定番だがこのindaHashも例にもれず、

12/6までは20%

12/13までは10%のボーナスが付き、

12/20までICOが続く。

また、その間に完売した場合はその時点で販売は終了するのでお買い求めの際にはなるべく早く買いたいところです。

 

ロードマップ

 

こちらはindaHashのホワイトペーパーにあるロードマップです。

 

ばーーーーといろんなことやるよーて書いてあるのだがそのスピードを見てほしい。

QASHの記事でもQASHがたったの2年間であのロードマップを詰め込んでいるという点を評価しましたが、これ2018年末までのロードマップであり、全てこの1年間に行う予定のことなのです。

 

そして年末にはインフルエンサー向けのプリペイドカードが発行される予定なのです。

 

目まぐるしく動くこの世界ではどんどん進んでくれて日に日に材料が出てくれる状態は投資家には非常に嬉しく、飽きさせません。

f:id:touroukawaii:20171130141752p:plain

 

 

ICOでの購入の仕方(終了済み)

 

当然と言えば当然なのですが、紹介したからには私も買います。というわけで実際に買ってみて、購入までの手順を確認してみました!

実際にちゃんと買えましたので買い方に関しては是非こちらをご参考にどうぞ!

 

まず、indaHash公式サイトにアクセスします。

サイトにこのようにICO開始!クリックして参加しよう!とあるのでそこをクリックします。

 

f:id:touroukawaii:20171130145434p:plain

 

すると↓のポップアップが出てきます。内容は利用規約とプライベートポリシーについてです。4つ全てにを入れてCONTINUEをクリックすると次に進むことができます。

 

f:id:touroukawaii:20171130145700p:plain

 

 

進むと次は↓の画面になります。

 

your email addressのところにメールアドレスを

 

your erc20 wallet addressのところにindaHash Coinを受取るご自分のETHウォレットのアドレスを入力します。

この際には下の注意書きにもあるように、取引所のウォレットではなく必ずMy Ether Walletなどを使ってください。

 

入力できてウォレットアドレスが正しいことを確認できましたらCONFIRMをクリックして次へ進みます。

 

f:id:touroukawaii:20171130145820p:plain

 

 

すると次はこちらの画面です。

 

Please send ETH to our smart contracr addressに表示されているコントラクトアドレスをコピーして、そちらにETHを送ることで購入できます。ちなみに0.5ETH以上から購入できます。

 

送金の際には、Gas limitは250000で設定して、受け取りと同様に取引所ではなくMy Ether Walletなどのウォレットから送金してください。

 

右の注意書きにアメリカ、シンガポール、中国国民と在住者は購入できないとあるので該当する方はご注意ください。

 

f:id:touroukawaii:20171130150217p:plain

 

 

送金が済んでしばらくしましたら設定のウォレットにIDHが送られてきますのでこれにて購入は完了です!

 

 

送られてきたら、My Ether Walletならトランザクション履歴というところにある、tokens(ethplore.io)というところにアクセスして送られてきたことを確認しましょう!

indaHash coinというところをクリックすると情報が見れますのでそこにある、

 

Contract

Symbol

Decimals

 

f:id:touroukawaii:20171130151408p:plain

 

をそれぞれMEWのカスタムトークンを追加というところをクリックすると出てくる、入力画面の

 

Token Contract アドレス

トークンシンボル

ケタ数

 

に入力することでMy Ether Walletの残高としてIndaHash Coinが表示されるようになります。

 

f:id:touroukawaii:20171130151604p:plain

 

 

 投資には全てリスクがございます。

元本が割れない保証をするものではございませんので、実際の投資の判断は自己責任でよろしくお願いいたします。

 

上場

 

1/24にHitBTCでの上場が予定されています。

その後も上場取引所に関しては増やしていく予定とのことですのでその他の取引所へのアナウンスも続々出てくるでしょう!

 

goo.gl

 

関連サイト

indaHash ICOウェブページ(ご購入はこちらからできます)

indaHash ホームぺージ

ホワイトペーパー

ICO Rating

ICO Bench

My Ether Wallet

HitBTC